長谷寺

長谷寺

初瀬山の中腹に本堂がある長谷寺。
花のお寺として有名で中でも7000株のボタンは艶やかです。

 

長谷寺登廊

残念ながらボタンの時期ではなかったのですが。
399段ある登廊を登って本堂へと向かいます。

 

長谷寺鐘楼

登廊の頂上は鐘楼になっていて下から釣鐘を覗くことができます。

 

長谷寺本堂

現在の本堂は江戸時代に徳川家光の寄進をうけ再建されたものだとか。
舞台造のお寺は京都の清水寺がよく知られていますが、奈良では東大寺の二月堂や室生寺朝護孫子寺などもそうですね。

 

長谷寺

紅葉の時期でした。

 

本長谷寺

同じ境内にあるのに本長谷寺とはこれいかに。
この辺りに精舎や三重塔をたてたことが長谷寺の始まりとされているからのようです。

 

長谷寺五重塔

本長谷寺の北側にたつ五重塔。

 

長谷寺朱印所

西国三十三所観音霊場の八番札所だけあってさすがに朱印所は混み合っています。

 

長谷寺二本の杉

源氏物語にも登場する二本(ふたもと)の杉。
くわしくは玉鬘(たまかずら)の巻をご覧ください。

 

長谷寺

長谷寺を堪能して帰路につきます。